i
アンティノリ
Antinor


イタリアワイン界をリードし、国際レベルまで引き上げた先駆者の一人である。
ワイン生産者としてのアンティノーリ家の歴史は長く、1385年、フィレンツェ共和国のワインギルド(同業者組合)
に加入して以来、トスカーナの名門としてワイン造りに携わってきた。

アンティノーリの名声を高めたのが、1970年代に発表したティニャネロとソライアであった。

現在のオーナーである26代目のピエーロ・アンティノーリ侯爵は、従兄弟のニコロ・インチーザ侯爵の作り出した
サッシカイアの販売を70年代から80年代にかけて行い、『世界的なカベルネワイン』、『イタリアで最もプレステー
ジのある赤ワイン』にした。
これに影響を受け、自ら国際的なスタイルのワイン造りを目指した。

1920年代、ピエーロの父ニコロはボルドーやブルゴーニュワインのコピーを造るのではなく、フランスワインにトス
カーナ産のブドウ品種をブレンドしていた。

それを覚えていたピエーロが作り出したのがティニャネロであった。初ヴィンテージは71年。
当初はサンジョヴェーゼ、カナイオーロ、マルヴァシーアのキアンティスタイルのブレンドであったが、現在の比率は
サンジョヴェーゼ80%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%となっている。

1978年が初ヴィンテージのソライアは、全く逆のセパージュになっている。

これらのワインがスーパーVdTの旗印となり、アンティノーリ帝国を築く足がかりになっていきました。
<荒井基之のイタリアワインカタログ より 抜粋>

赤ワイン 
年 代:2000
商品名:ティニャネッロ
     Tignanello
消費税込価格:¥8694(本体価格¥8280)
容 量:750ml 
完売御礼
個数:

買物カゴをご利用出来ない場合はこちらからどうぞ
注文コード:01948-アンティノリ
ご注文フォームに上記の注文コードをコピーして貼り付けて下さい 
この部分→
01948-アンティノリ
ご注文はこちらへ

トップページヘ