お買い物の前に必ずお読み下さい   世界のワイン生産者&地域   アクセス   トップページヘ

バロナルク
Baronarques


■ムートン・バロンフィリップの新リリースワイン■



「オーパス・ワン」「アルマヴィーヴァ」に続く、第3弾、バロンフィリップ・ド・ロートシルトが造る最良のラングドックワインです。

醸造プロセスは、シャトー・ムートン・ロートシルト、オーパスワン、アルマヴィーヴァと同じ方法をとっています。


1998年、シャトームートンロートシルトのオーナーであるフィリピーヌ・ロートシルト男爵夫人は、ラングドックの名門シュールダルク社とのベンチャ
ービジネスにより、ラングドックでのスーパー・ヴァン・ド・ペイの赤ワインの生産に着手しました。

フィリピーヌ男爵夫人は、地元ポイヤックのシャトー・ムートン、シャトー・クレール・ミロン、シャトー・ダルマイヤックの経営はもとより、カリフォルニ
アのオーパス・ワンや、チリのアルマヴィーヴァといった海外ワイナリーとのジョイント・ビジネスによる高級ワイン造りでも大成功を収めています。

その男爵夫人が自信を持って取り組んだのが、このプロジェクトです。もともとオック地方(ラングドック)では地元の葡萄品種として地中海性気候
に適したシラー、グルナッシュ、マルベックが栽培されていましたが、ボルドーの品種カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルローも栽培さ
れています。
男爵夫人とシュール・ダルク社のピエール・ミルクはこの点に着目し、2つの異なるエリアの葡萄、前述の6品種をブレンドして、新しいハーモニーの
味わいを持つ赤ワインの創造にチャレンジしました。

こうして誕生した’98年、’99年ヴィンテージの赤ワイン「バロナルク」はフランス・ワイン界で大きな話題となりました。自信と確信を深めた男爵夫人
は、2000年に正式に合弁会社「バロナルク」を設立し、スーパー・ヴァン・ド・ペイの生産に本格的に乗り出してきました。

バロナルクは、
2003年には両者の業務提携が終了し、バロナルク社はムートン・ロートシルトの単独所有となりました。

期せずして、この年、ACリムーのアペラシオンに赤ワインが認められることが決定。
かつては白ワインにしか認められなかったラングドック生まれのボルドースタイルのワインは、また新しい1歩を踏み出したのです。

年間生産数量僅か36,000本の稀少なワイン!ボルドーのトップ・クラスに君臨する
シャトー・ムートンの洗練された醸造技術がいかんなく発揮され
ている
ワインです

オーパス・ワン」「アルマヴィーヴァ」に続く、第3弾、 「バロナルク」

  2004 ドメーヌ・ド・バロナルク 750ml
     

  消費税込価格:¥5,439本体価格¥5,180)
個数:


商品コード:02209
残りあと8本です

お買い物の前に必ずお読み下さい   世界のワイン生産者&地域   アクセス   トップページヘ