トップページヘ パトリアルシュ・ペール&フィス
Patriarche Pere & Fils

メゾンの歴史は1780年に遡ります。サヴィニー・レ・ボーヌ出身のジャン=バプティスト・パトリアルシュが、ボーヌに自身のネゴシアンを設立したのが始まりです。
若く精力的なジャン=バプティストによってメゾンの輸出とワイン販売はフランス国内だけでなく英国、ドイツ、ベルギーなどへと急速に広がっていきました。
18世紀になるとヨーロッパ全土でパトリアルシュ銘柄のワインが飲まれるようになり、各界の名士達の食卓にも上るようになったのです。
ジャン=バプティストの死後は、弟であるジャック、続いて甥であるジョセフに経営が引き継がれました。
その後、何度かの合併を経て、19世紀に法人組織“パトリアルシュ・ペール&フィス”が誕生したのです。
1940年、アンドレ・ボワソーがメゾンの実権を握ります。ボワソーは半世紀に亘り、メゾンの経営に携わり、その創造性と見識の高さを世に示しました。例えば、彼はブランドの重要性を最も早く理解した1人でありました。
彼は、自身のワインにブランド名をつける術を、また、宣伝、広告といった新しいコミュニケーションの手段やラジオ、テレビといった媒体を活用する術を心得ていたのです。
1963年6月、パトリアルシュ・ペール&フィスは、<プレスティージュ・ド・ラ・フランス>の称号を獲得します。
(料理人に与えられる賞としてMOFがあるが、<プレスティージュ・ド・ラ・フランス>は、法人に与えられる賞でMOFと同様の賞)。
これを記念して、アンドレ・ボワソーは1959ヴィテージのワイン2134本を<西暦2000年>と名付けられたセラーに保管し、2000年の式典まで開けないようにしたのです。
ワイン商という天職に生きた、ボワソーは、先ず何よりも<プレスティージュ・ド・ラ・ブルゴーニュ>であったのです。
彼はまたオスピス・ド・ボーヌの競売における最も大きな買い手でありました。アンドレ・ボワソーは1998年3月に死去しましたが、息子であるジャック・ボワソーが経営を引き継ぎ、父の残した数々の名声を守っています。


白ワイン
年 代: 1991
商品名: ムルソー・シャルム・オスピス・ド・ボーヌ
     キュヴェ・ド・バエーズ・ド・ランリ
     Meursault Charmes Hospices de Beaune
     Cuvee de Bahezre de Lanlay
消費税込価格:¥8694(本体価格¥8280)
容 量:750ml
格付等:1級
個数:

売り切れました。ありがとうございました。
注文コード:01968

トップページヘ